税理士になるために大学院に行く

税理士の資格をとるために、大学院に行くという選択肢もあります。
大学院に行けば取れるのではなく、税理士の資格をとるためには5科目の合格が必要なのですが、そのうちの2科目が免除されるというシステムになっているのです。
税理士試験の1科目合格は、受験した人全体で見ても10パーセント程度なんだそうです。
それを全部5科目合格するなんて、至難の業ですよね。
そこで、大学院に2年行くという人は結構いるそうなんです。
大学院に行って、2科目を免除してもらおうなんてずるいんじゃないか?と思われる人もいるかもしれませんが、税理士資格の取得方法として、ちゃんと決められていることですから、私は全然いいと思います。
既に税理士の資格を持っている人の意見では、試験で5科目合格したのか、大学院で2科目免除されたのかなんて一切関係ないということです。
税理士資格を取ってから、税理士としての実力が発揮できれば問題ないそうです。
お客さんに、「大学院出で、2科目免除ですか?」などと聞かれたことなんてないということです。
大学院で2科目免除だと、税理士として仕事は大丈夫なのかと心配される人もいるかもしれませんが、経験を積んでいけば問題ないということです。

スポーツ界でも注目のマウスガード

歯列矯正のために使うことが多いマウスガードは、スポーツ界でも重宝されています。
ボクシングなどのコンタクトスポーツではマウスガードの使用が義務付けられていますが、それ以外のスポーツでも使用する人が少なくありません。
マウスガードの名前に関して「マウスピース」の呼称も気になります。
マウスピースには、フルートなど、楽器のマウスピースのイメージが大きいですよね。
そのため、スポーツで使うマウスピースは「マウスガード」あるいは「マウスプロテクター」の呼び方が増えています。
歯列矯正に関してマウスピースの表記をしている歯科関連サイトもみられます。
また、マウスガード(マウスピース)には市販品もあり、両方の表記を見掛けることも少なくありません。
マウスガードの役割として、外からの衝撃から歯を守ること、歯で口中を傷付けないことなどが考えられます。
また、マウスガードの装着により、対戦相手を傷つけるのを防ぐ働きなどもあります。
マウスガードは、自分にピッタリ合ったものが理想的です。
そのためには、歯医者でマウスガードをつくってもらう方法がおすすめです。
そのうえで、日頃から衛生管理を徹底するなど、メンテナンスにも十分な注意が必要なことを知っておきましょう。

「遺産分割協議」に関して

身近な人が亡くなったと当時に相続が発生します。
そのため、相続の対象となる人は、相続に関する手続きについて知っておきましょう。
相続税の申告が必要なのは、正味の遺産額が「基礎控除額」を上回ったときです。
ただし、「配偶者の税額軽減」などの特例によって相続税が掛からない場合も、特例を使用するために相続税の申告が必要になります。
また、遺産に不動産が含まれる場合は、評価単位がわからないことも少なくありません。
不動産の評価によっては相続税が掛かることもあるため、迷ったときは相続税を専門に扱う税理士に相談することが大切です。
相続に関しては「相続税の申告・納税が10カ月以内」など、期限が決まっているものが少なくありません。
一方、「遺産分割協議」のように期限がないものも存在します。
しかし、タイミングを遅らすと、新たな相続が発生することもあるため注意が必要です。
たとえば、高齢の両親のうち、どちらかが亡くなったときは、早めに遺産分割協議をしておきましょう。
なお、遺産分割には相続人全員が納得することが大前提です。
また、「遺産分割協議書」の作成には、それぞれの実印・印鑑証明書が必要ですので、こちらも忘れないようにしておきましょう。

いかにも高そうな洋服で美容院に行かないで!

ブランドの洋服を着てみたいけど、高くて買えないし、私はポッチャリ体型だからブランドの洋服をきてもさまにならないなぁ。
スタイルの良い人が着るからこそ、オシャレに見えるんだと思うので、私には格安ファッションがお似合いなんだと思います。
格安ファッションの方が汚れても気にならないし、ブランドの洋服1枚買うお金で何着も買えそうですよね。
格安の洋服なら、美容院に行ってカラーやパーマの薬剤が万が一ついてしまっても、それほど気にならないかも。
まあ、お気に入りの洋服ならがっかりしちゃうかもしれないけど。
また、美容師さんの方もブランドの洋服のように、いかにも高そうな洋服で美容院に来られると、汚してはいけないとかなり気を使ってしまうそうです。
美容師を気疲れさせないためにも、いかにも高そうな洋服は着ていかない方がいいですね。
また、私の場合にはそんなに高い洋服は持っていないので、何を着ていっても大丈夫です。
でも美容院に行く時には美容師さんが普段のあなたをイメージしやすいように、ライフスタイルと違いすぎるファッションでは行かない方がいいですよ。

弁護士が意識しなければいけない守秘義務とは?

弁護士のドラマなどを見ていると、よく守秘義務という言葉が出てきますよね。
これは、医師のドラマでも同じで、医師にも守秘義務というものが要求されています。
では、弁護士や医師が守らなければいけない守秘義務とはなんのことでしょうか?

弁護士や医師は、職業柄、患者さんや相談者のプライベートな情報を入手できる立場にあります。
他の人が決して知ることのできないような、かなりプライベートな内容に関しても、ある程度簡単に知ることができます。
しかし、もし弁護士が簡単に人の秘密を話してしまうなら、どうなってしまうでしょうか?
相談者や患者さんの生活は大きく変わってしまい、損失は計り知れないものとなるでしょう。
ですから弁護士にも医師にも、依頼者や患者さんのプライバシーの内容については、絶対に他言してはいけないという法律があります。
つまり弁護士であっても、他人に秘密を話してしまうなら、違法ということになり、罰せられることになります。
大きな責任が与えられえている人物には、大きな責任を取る責任もあるということになるでしょう。

親子留学ってどんな感じ?

最近は「親子留学」というのが流行っているそうです。
先日ママ友が「今度の長期休暇の時に親子留学へ行く」と言っていたので、私もちょっと気になっています。
私の場合は気になるだけで費用の事含めて「行けない」のが確実なのですが(笑)
それで、親子留学について調べてみたので、ちょっとだけご紹介したいと思います。
親子留学は親子で一緒に参加する海外プログラムのことをいうそうです。
留学中は親は語学学校など学校に通って、子どもはタック辞書や保育園、幼稚園、小学校などに通学するのが一般的なんだそうです。
「大体何歳くらいから親子留学できるのか」については、それぞれの自立度や留学に対する本気度にもよるそうですが、子どもの年齢の目安的には2歳~10歳のようです。
10歳を過ぎれば子ども単身で留学することの方が多いそうです。
親子留学は最短なら1週間くらいからできるそうで、気軽に参加できるプログラムもたくさんあるそうです。
ただ、日本人の親子留学はほとんどが夏休みか冬休みに行くそうです。
調べてみたら私もさらに気になってきました!
旅行の延長だと思えば行けるかもしれませんね。

税理士を怖いと思う人はいます

税理士の事が良く分からないと思う人は怖いと感じます。
ドラマや映画でよく見る税理士は脱税など悪い所を暴く人ばかりです。
会社の悪い所などを追及する税理士が多くでてきます。
脱税など悪い所を暴く税理士は多いですが、会社のために働く税理士もたくさんいますよ。
会社を経営すると税理士が怖いという気持ちが多いですけど、経営に集中したい気持ちの方が大きいです。
会社の経営に集中するのなら税務の事は外部に委託したいです。
外部に委託したいといっても税務の事が分からない人に頼んでもダメです。
税務の事が分からない人に頼んでもお金の無駄です。
結局は自分で税務の事をしないといけなくなります。

税務の事は税理士に委託するのが大事です。
税理士は相談にも乗ってくれますから相談するだけでも良いです。
怖いと思っているとなんでも怖いです。
どんな人でも怖いと感じます。
人と会う時に大事なのは怖くないと思う事です。
特に税理士や弁護士事務所を訪ねる時は怖くないと思う事です。

街にはいろいろな事務所があります。
敷居が高いと思う事務所もありますが、訪れやすい事務所もあります。
税理士事務所は敷居が高いと思う事務所の一つです。
行く前は入り難い税理士事務所でも話してみると打ち解けやすいです。
人にもよりますが、税理士は相談する前と後では印象がガラッと変わります。

映像に興味を持つ人はDVD制作会社での仕事も

「好きこそものの上手なれ」は、昔からよく見聞きすることわざです。
自分が興味を持つ対象があると、根気強く続けることもできます。
楽器演奏は代表的存在ですが、やはり、毎日の積み重ねが大事ではないでしょうか。
このようにして身に付けた技術は、体が覚えていることが多いです。
楽器演奏を再開するときは、ぎこちなく感じることもありますが、感覚が戻ると、以前のように演奏できるようになるかもしれません。
なんらかの技術を持っていると、プラスになる場合もでてきます。
趣味に留まらず、仕事として活かせることもあるでしょう。
いまは、IT機器を使うのが当たり前。
生活のなかで、IT機器が溶け込んでいますよね。
そのため、IT機器に明るい人は、それを活かす仕事に就くことも考えましょう。
映像やDVDなどに興味がある人は、DVD制作を手掛ける会社で働く方法があります。
求人情報は求人サイトなどで検索するとよいでしょう。
どのような仕事内容かは会社によって異なりますが、自分でDVD制作を手掛けたい人は、夢に向かって頑張れるのではないでしょうか。
自分の想いを形にするためにも、コツコツと頑張ってください。

留学に興味はあるけれど社会人だし、うーん…

会社に入って5年経って、それでも「こんなんでいいの?」「この先も毎日こんな感じ?」「やりがいというかこのままじゃダメ!」という気持ちが日に日に増してきました。
なので、思い切って学生時代に行きはぐった留学をしたいと、少しだけ考えています。
でも毎日同じような仕事を淡々としているだけでも社会人である以上、会社を辞めてまで留学にいくのもちょっと違うような。
ただ単に留学に思いきれないだけなのかもしれませんが、もし行けるものなら有給と夏休みをつなげて2週間くらいの短期留学をしたいと思います。
もちろん語学留学です、語学は結構好きで仕事にも使うことがあるので。
日本でも語学スクールには行ったこともありましたが、それでも2週間集中して勉強した方が身に付くスピードは速いと思うんです。
いざ留学に行こうと思っても気持ち以外の部分では「実際にどう動けばいいのだろう?」とちょっと不安にもなります。
2週間くらいの留学なら旅行とさほど変わらないと思うので、旅行会社で色々手配できるのではないかと思っていますが…違いますか?
とにかく事前に調べること、準備することは山ほどありそうなので、焦らず諸々計画・準備したいと思います!

リラックスした受診につながるBGM

私たちの生活には、「緊張する場面」だけでなく「リラックスできる場面」も必要です。
緊張すると、どうしても呼吸が速くなり、テンションも高くなります。
しかし、そのような状態でいると、マイナスになることも少なくないのです。
その一例として、医療機関を受診するときが挙げられます。
病院が苦手な人は、前日から眠れないほど緊張することもあるでしょう。
その結果、診療の妨げになる、必要以上に痛い想いをするなどの弊害がでてきます。
歯医者を受診するときも例外ではないですよね。
さいわい、多くの医療機関ではBGMが導入されています。
さりげなく流れるBGMに触れると、リラックスした気分になれるのではないでしょうか。
なお、虫歯や歯周病に罹らないためには、予防歯科の受診が大切です。
そのためには、友人や知人の体験談が役立つこともあります。
もし、機会があったら、BGMの有無を聞いておくとよいかもしれませんね。
もちろん、歯科医やスタッフの対応、院内の設備など、歯医者を探すときの優先順位は個々によります。
安心して予防歯科を受診するためにも、より多くの情報収集をおすすめします。