税理士になるために大学院に行く

税理士の資格をとるために、大学院に行くという選択肢もあります。
大学院に行けば取れるのではなく、税理士の資格をとるためには5科目の合格が必要なのですが、そのうちの2科目が免除されるというシステムになっているのです。
税理士試験の1科目合格は、受験した人全体で見ても10パーセント程度なんだそうです。
それを全部5科目合格するなんて、至難の業ですよね。
そこで、大学院に2年行くという人は結構いるそうなんです。
大学院に行って、2科目を免除してもらおうなんてずるいんじゃないか?と思われる人もいるかもしれませんが、税理士資格の取得方法として、ちゃんと決められていることですから、私は全然いいと思います。
既に税理士の資格を持っている人の意見では、試験で5科目合格したのか、大学院で2科目免除されたのかなんて一切関係ないということです。
税理士資格を取ってから、税理士としての実力が発揮できれば問題ないそうです。
お客さんに、「大学院出で、2科目免除ですか?」などと聞かれたことなんてないということです。
大学院で2科目免除だと、税理士として仕事は大丈夫なのかと心配される人もいるかもしれませんが、経験を積んでいけば問題ないということです。